×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

闇色の万華鏡のあらすじ

幼い頃に両親が死に、百合香は財閥総帥の祖父に溺愛されて育った。

78歳で祖父が死に、祖父の遺言で遺産のほとんどを百合香が受け取ることになる。

そして百合香は親族のドロドロの遺産相続争いに巻き込まれ、愛する二人の男の板ばさみに遭い、次第に笑顔を失ってゆく。

そんな中で明かされてゆく、百合香の出世の秘密。

彼女は自分自身、一体どこの何者なのかもわからなくなり…。

表題作のサスペンス中編他、男と女の愛憎のサスペンス作品集。

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


闇色の万華鏡を読んだ感想(抜粋)

匿名さん

プロフィール画像

展開が早くて面白いです(^_^)笑いやドキドキが詰まってます。す全てが面白いので、編が出たら嬉しいです。


匿名さん

プロフィール画像

スペシャルセレクション?というだけあって珠玉の短編集がたくさん。そうそうこんな話だったっけーなんて懐かしく思いながら読みました。小気味よいテンポの良さと、イイカンジのお色気と、ハズレ知らずな一冊です。


匿名さん

プロフィール画像

絵が綺麗で、現実離れしているけれど夢と笑いがある所が……疲れた時の気分転換にピッタリです!短編でサラッと読み易かったです。


匿名さん

プロフィール画像

読むと女性の主人公の明るさが読むページを進ませてくれる気がします。 でてくる食材や食べ物をみるとあったら食べてみたくなりました。


読んでみたい方はタップして下さい

≫≫闇色の万華鏡を読む



こちらのコミックもおすすめ

新名季実子の夏休み

闇色の万華鏡の画像です。

売れっ子女優・新名季実子女優としては一流だけど、人間としてはもうメチャクチャ傍若無人なワガママ女で、超寂しがり屋の自分大好き人間とは言え、事務所は彼女の人気で持っているので、社長の斑瀬も息子の順も、彼女のワガママには逆らえないこの夏休みだって、父子で別荘で過ごすつもりだったのだそれなのに、マスコミに派手に宣伝してNYに一人旅に出たはずの季実子が、「寂しい」からってこっそり帰国し、斑瀬の別荘に押しかけてきて…?


神々の密談

闇色の万華鏡の画像です。

高千穂、出雲大社などを巡り、日本古来の神々の声に耳を傾ける大震災・経済危機……混沌の時代に、私たち日本人は、どこへ向かうのか!? 著者渾身のスピリチュアルルポをこの一冊に一挙収録!


「ぜんぶ忘れ、た。」

闇色の万華鏡の画像です。

34歳独身のキャリアウーマン月子(つきこ)の前に大学時代の恋人・空(そら)が現れた! 12年前、自分をふって同級生のヒカルと結婚した空は、月子が二度と会いたくなかった男だが癌(がん)で余命1年と宣告された空は、残りの人生のために家庭を捨て、月子の元に来たと言う!? 動揺する月子と空の、奇妙な同居生活が始まった…


ルームメイト

闇色の万華鏡の画像です。

朋歌はルームシェア相手を探していたが、友人のかおりが連れてきたのは、なんと男性だった!彼はゲイだから大丈夫、そう言われて渋々承諾した朋歌だったが、拭いきれない不安が…だが彼と暮らす内に、お互い心から信頼し合える友人になっていく


カーマ・スートラ

闇色の万華鏡の画像です。

古代インドの愛の奥義所「カーマ・スートラ」「セックスは愛を持続させるためになくてはならない夫婦の営み、神から与えられた快楽」とする教えを基に、16世紀のインドの男女が虎や獅子のように情熱的に激しく互いを求め合うもろおか紀美子の諸ェ番、歴史エロス巨編


闇色の万華鏡や、他の作品を読んでみる

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


このページの先頭へ